JP1000 Lecture 11


Classification of Verbs (review: Lecture 9)

   (1) Strong (conjugation) verbs [Consonant (stem) ending verbs]:
        yomu 読(よ)む, kaku 書(か)く, hanasu 話(はな)す, kiku 聞(き)く, kau 買(か)う, kaeru 帰(かえ)る, wakaru 分(わ)かる, nomu 飲(の)む, ...

   (2) Weak (conjugation) verbs [Vowel (stem) ending verbs]:
        iru いる, miru 見(み)る, kiru 着(き)る 'wear' taberu 食(た)べる, oshieru 教(おし)える, miseru 見(み)せる, ageru 上(あ)げる, ...

   (3) Irregular (conjugation) verbs:
        suru する, -suru -する, kuru 来(く)る, aru ある, gozaru ござる, irassharu いらっしゃる, iku 行(い)く

Kinship terms

   (1) referring to your own: 
        father: chýchi ちち 父 mother: hÓha はは 母 elder brother: Óni あに 兄 elder sister: ane あね 姉
younger brother: otoot˛ おとうと 弟 younger sister: imoot˛ いもうと 妹
        husband: sh¨jin しゅじん 主人 (otto おっと 夫) wife: kÓnai かない 家内(ts¨ma つま 妻) partner: tsure-ai つれあい 連れ合い
uncle: oji おじ 叔父 伯父 aunt: oba おば 叔母 伯母 grand father: sofu そふ 祖父 grand mother: sobo そぼ 祖母
cousin: it˛ko いとこ 従兄(姉・弟・妹)

   (2) referring to someone else's: 
        father: ot˛osan おとうさん お父さん mother: okÓasan おかあさん お母さん grand mother: obÓasan おばあさん
grand father: ojýisan おじいさん elder brother: onýisan おにいさん お兄さん elder sister: onŔesan おねえさん お姉さん
younger brother: otooto-san おとうとさん 弟さん younger sister: imooto-san いもうとさん 妹さん wife: ˛kusan おくさん 奥さん
husband: go-sh¨jin ごしゅじん ご主人 child/children: o-ko-san おこさん お子さん cousin: itoko-san いとこさん 従(姉・兄・弟・妹)さん
son: musuko-san むすこさん 息子さん daughter: oj˛osan おじょうさん お嬢さん
 
  (3) vocative: 
        father: ot˛osan おとうさん お父さん mother: okÓasan おかあさん お母さん grand mother: obÓasan おばあさん
grand father: ojýisan おじいさん uncle: ojisan おじさん aunt: obasan おばさん elder brother: oniisan おにいさん お兄さん
elder sister: onŔesan おねえさん お姉さん someone's wife: ˛kusan おくさん 奥さん
Yamada's mother: Yamada-kun no okÓasan やまだくんのおかあさん 山田君のお母さん...
        *otoot˛, *imoot˛, *kÓnai, ... (use their first names)

   (4) addressing stranger: rather limited use
        senior man: ojýisan おじいさん senior woman: obÓasan おばあさん middle-aged man: ojisan おじさん middle-aged woman obasan おばさん
 boy: b˛tchan ぼっちゃん girl: oj˛ochan oj˛osan  おじょうちゃん おじょうさん young man: onýisan おにいさん young woman onŔesan おねえさん ...

Causal Connective KARA 'as, because'

Structure:  S1(cause)  KARA  S2(result)

        Nihongo wa muzukashii kara, wakarimasen.  日本語はむずかしいから、分かりません。
        Ani wa byooki da kara, kimasen. あにはびょうきだから、来ません。
        Dooshite wakarimasen ka? Chotto muzukashii desu kara. どうして分かりませんか。ちょっとむずかしいですから。

S + deshoo?: asking for agreement

        Kono eega, omoshiroi deshoo?/  Ee, soo desu nee.	この映画(えいが)、おもしろいでしょう。ええ、そうですねえ。
        Ashita irassharu deshoo?/  Ee, mairimasu. 明日いらっしゃるでしょう。ええ、まいります。

Inverted S for specification

        Doko e ikimashita ka, ano hito wa?			どこへ行きましたか、あの人は。
        Omoshiroi desu yo, Kanji wa. おもしろいですよ、漢字(かんじ)は。

Informal non-past copula DA [male register]

        Kore mo sore mo onaji desu/da yo.			これもそれも同(おな)じです/だよ。
        Are wa Yooku Daigaku desu/da ne. あれはヨーク大学です/だね。
  (cf.) Sono kuruma wa takai desu/*da yo. その車は高いです/*だよ。

Adverbial expressions

shibaraku しばらく 'for a while':

        Shibaraku deshita. しばらくでした。
        Shibaraku byooki deshita. しばらくびょうきでした。

hajimete はじめて 'for the first time':
        Kyoo hajimete Kanji o naraimashita. 今日はじめて漢字(かんじ)をならいました。
        Nihon wa hajimete desu ka? 日本ははじめてですか。

nakanaka なかなか 'considerably', 'more than expected':
        Kono mise no ryoori wa nakanaka oishii desu yo. この店(みせ)のりょうりはなかなかおいしいですよ。
        Nakanaka omoshiroi eega deshita ne. なかなかおもしろい映画(えいが)でしたね。

naze なぜ 'why ...?':
        Naze Nihongo o benkyoo-shite imasu ka? なぜ日本語を勉強(べんきょう)していますか。
        Kinoo naze kimasen deshita ka? きのうなぜきませんでしたか。

doo-shite どうして 'how come ...?':
        Doo-shite desu ka? どうしてですか。
        Doo-shite ikimasen ka? どうして行きませんか。

Sociolinguistic interactions

Inquiry - Appreciation:

        Ogenki desu ka? -  Ee, okage-sama de. お元気(げんき)ですか。  ええ、おかげさまで。

Compliment - Humility:

        Nihongo ga o-joozu desu nee. -  Iie, mada mada desu. 日本語がお上手(じょうず)ですねえ。  いいえ、まだまだです。

Agreement seeking - Agreement:

        Kyoo wa nakanaka samui desu nee. -  Ee, soo desu nee. 今日はなかなかさむいですねえ。  ええ、そうですねえ。

Grief - Sympathy:

        Shibaraku byooki deshita. -  Sore wa ikemasen nee. しばらくびょうきでした。  それはいけませんねえ。
                                 Doozo odaiji ni.    どうぞおだいじに。

Introduction to stylistic differences

Conversational style
    base: 1st person - 2nd person

Narrative style
    sample (interactive reading comprehension material)
    base: 3rd person
    speaker's/writer's viewpoint

Ref. Speaking style/Writing style


ęNorio Ota 2019