Japanese Studies Program @ York University

AS/JP1000 6.0  Lesson 20: Conversation

_______________________________________________________________

 

A. ジムで

 

川口:  バーンズさん、夏休みはどうするつもりですか。

 

バーンズ:部長が仕事で日本に行くはずなので、たぶん私も一しょに行く

          でしょう。

 

川口:  日本へは前に行ったことがありますか。

 

バーンズ:いいえ、ありません。三年前に行くはずでしたが、仕事のつごうで

          だめになりました。

___________________________________________________________________

B. 道で

 

くぼ田: グリーブさん、ちょっとおみやげを買っていきましょう。

 

グリーブ:そうですねえ。部長には何がいいと思いますか。

 

くぼ田: 部長に何か持っていくよりおくさんに何か買ってあげるほうがよさ

          そうですね。

 

グリーブ:それはいいかんがえですね。おくさんはクラシック音楽が大好きだ

          そうですよ。

 

くぼ田: じゃあ、新しいシーディー(CD)をさがしてみましょう。

____________________________________________________________________

C. 家で

 

おくさん:あなた、車がなおるまで二、三日かかるそうですよ。

 

うすい: こまるねえ。あのしゅうり屋は仕事がはやいって聞いたのにねえ。

 

おくさん:でも、ブレーキやエアコンも見てくれるから、しかたがない()

 

うすい: 日本車でも古い車はよくこしょうするね。

 

おくさん:そうですね。そろそろ買いかえましょうか。

__________________________________________________________________

D. うんてん中に

 

じろう: にいさん、あそこのガソリンスタンドでガソリンを入れていこうよ。

 

一ろう: そうだな。まんタンにしたほうが安心だね。まだ大分かかるから。

 

じろう: こっちがセルフサービスだよ。ぼくはウインドウをあらうよ。

 

一ろう: じゃあ、たのむよ。

 

店員:  四十リットルですね。二十二ドルちょうどになります。

 

一ろう: そのウインドウ・ウォッシャーえきも下さい。

 

店員:  ああ、それは二ドル五十セントです。

___________________________________________________________________

 

E. ひっこし中に

 

ゲール: その長いす一人で大じょうぶ。

 

つとむ: たぶん二、三人ではこんだほうがいいと思うよ。

 

ゲール: トニーやケビンにもてつだってもらう()

 

つとむ: おもさは百キロぐらいしかないのに、かなりおもくかんじるんだ。

 

ゲール: 持つところがないからね。

____________________________________________________________________

F. 図書館で

 

アン: 今晩れい子のたん生日のパーティーに行くつもり。

 

おさむ:とんでもない。来週しけんが三つもあって、小ろんぶんも一つあるからね。

 

アン: そうう。でもちょっとだけ行ってみない。車でむかえに行ってあげる()よ。

 

おさむ:ありがたいけれど、やっぱりやめておくよ。

_____________________________________________________________________

 

G.  けんきゅうしつで

 

学生: 先生、クラスがおわった後で、ちょっとお話ししたい事があるんですが。

 

先生: いいですよ。三十分ぐらいはけんきゅうしつにいるつもりだから。

 

学生: しけんについて二、三しつもんがあります。

 

先生: そうですか。このごろ、よく勉強しているそうですねえ。

 

学生: はい、やっと漢字も一人でおぼえることができます。それに、文法も

     おもしろくなりました。

 

先生: それはよかったですね。じゃあ、今どのしけんはきっとよくできるでしょう。

 

学生: さあ、それはどうか分かりませんが、一しょうけんめいがんばってみます。

 

先生: ではまた後で。

 

学生: しつれいします。

______________________________________________________________________

© Norio Ota 2018